事業紹介

GLOBAL PROPERTY
海外不動産投資

日銀調査統計局によると、日本の海外への純資産は、2016年では339兆2630億円。日本人の海外への関心は、金融商品だけでなく、不動産へも高まっています。日本の不動産は、海外と比較し、土地勘もあり、取引も安全、低利の融資を利用して購入が出来る為、やはり日本の不動産が投資しやすいという利点がありますが、東京以外では、人口減少という大きな問題があり、日本国内全体では住宅需要が減少していくことが予想されます。

その為、長い目で見れば、物件やエリアによって賃貸市場に大きく差が出ると考えられ、今後投資対象とされる優良物件の選択が非常に難しくなるのです。

海外不動産は、人口増加、経済成長率が高いエリアに投資をすることで、日本不動産にはないメリットを得られます。

4つのメリット

値上がり益

人口増加、インフラ計画などが起こる高度成長エリアに投資することで、日本では得られない値上がり益を期待できます。

為替差益

外貨への資産分散、タイミングによっては、為替差益で利益を得ることができます。

別荘

アジア新興国では、物件価格が割安なだけではなく、気候も温暖で過ごしやすい地であるため、別荘保有地として最適です。

民泊(Airbnb)での運用

ローカルに一般賃貸で貸すよりも短期宿泊施設として高い利回りを得ることがで可能です。

AREA
販売エリア

フィリピンRepublic of the Philippines

人口増加、高度経済成長を続けるフィリピン。国民のほとんどが英語をつかい、物価も安く、移住にも最適です。

販売エリア ー フィリピンについて詳しくはこちら

セミナー

フィリピン不動産セミナー

日時 毎週木曜日 18:30〜20:30
毎週日曜日 14:00〜16:00
講師 西田泰幸(株式会社ライブズ 海外事業部)
会場 株式会社ライブズ セミナールーム

人口1億人、平均年齢23歳、コールセンターなどのBPO産業発展により、中級層の年収が年々上昇しているフィリピン。 成長のないところには投資は成り立ちません。 日本国内でも同様、投資をするなら、そんな成長したエリアで、需要のある物件に投資をしたいですよね。 今回は日本国内独占販売、駅徒歩2分、家賃保証付の物件をご紹介致します。 セミナーでは、実際のローカルが好む物件はどんな物件なのか、地元フィリピン出身の川又愛子が、投資の原点に返りながら、理論的に御説明致します。

不動産セミナー ー フィリピンについて詳しくはこちら

電話でのお問い合わせ

0120-997-390

9:30〜18:30(土・日・祝日 定休)

webでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

セミナー参加希望の方はこちら