事業紹介

LIFE INSURANCE
生命保険

生命保険

日本人の生命保険世帯加入率89.2%

ほとんどの日本人が生命保険に加入していることがわかりますが、
加入していない人も10.8%います。加入していない理由が以下の通りです。

(2015年生命保険に関する全国実態調査)

生命保険に加入していない理由

  • 1位加入したいが現在経済的に余裕がない
  • 2位加入したいが健康上の理由で入れない
  • 3位現時点では必要性を感じない

では生命保険の知識についての調査です

ほとんどの日本人が生命保険に加入もしくはいずれ加入することがわかります。 しかし、加入している人ですら、内容を理解していない人も多数いることも事実です。 毎月数千円〜数万円かもしれませんが20年、30年と長い期間払い続ける商品ですから一度 見直してみてもよろしいのではないでしょうか。

見直すポイント

  • 1自分がいつまで今の保険料を支払うのか?
  • 2保険料は上がらないのか?
  • 3どんな時にいくら保険金が受け取れるのか?
  • 4そして今の保険がBESTなのか?

一般的な生命保険で検証してみましょう

性別:男性
年齢:35歳
職業:会社員
家族:妻(専業主婦)子1人

(大手生命保険会社2017.4/6)

結婚する前の30歳の時に月々1万くらいの支払いで死亡保険と年金と入院保険がついている保険に加入しました

いくら払うの?いつまで払うの?

30歳加入月々保険料・・・11,698円

40歳から支払い額UP月々保険料・・・17,886円

50歳から支払い額UP月々保険料・・・32,978円

60歳支払い満了

この保険どんな保証があるの?

死亡保障額

60歳までに死亡したら3000万円

60歳以降に死亡したら50万円

年金受け取り額

60歳から70歳まで受け取れる金額年間60万(月5万円)

70歳以降受け取れる金額0円

入院保障額

40歳から80歳まで入院1日5000円

この保険の不安点1

保険加入当初は1万円程度だが同じ保障を続けるには保険料が上がってしまう。(50歳時には3倍に)
給料も上がっているはずだが、子供の学費なども高くなっている頃。

この保険の不安点2

60才前に
死亡
保険受け取り額
3000万円
60才以降に
死亡
保険受け取り額
50万円

※国立社会保障・人口問題研究予想 2050年日本人の4人にひとりが生きている年齢 男性93歳・女性98歳
60歳前に死亡する確率は相当低い。

この保険の不安点3

年金受け取り額 月々5万円
年金受け取り期間 60才〜70才

65歳で定年退職したとして残り人生30年。70歳までの収入では心もとない。
むしろそれ以降の収入が欲しいところ。月5万円という金額も不安要素。

団体信用生命保険〜LIVEのマンション経営

30歳購入 支払期間35年

月々支払額1万円(物件や諸条件により変動あります)

賃料収入
年間102万円(月額8万5000円)

(株)ライブズが提携する金融機関の住宅ローンには団体信用生命保険が付帯しています。
支払い期間中に死亡または高度障害になられたら、住宅ローンが完済されます。

※国立社会保障・人口問題研究予想 2050年日本人の4人にひとりが生きている年齢 男性93歳・女性98歳

若い時でも定年後でも万が一のことがあったとき家族に賃料収入が入る安心。
ご自身が定年退職するころには個人年金としてご自身の老後の資金。
支払い額は月々1万円程度でこれだけの保障をつくれます。
団体信用生命保険を活用してみてはいかがでしょうか。

株式会社ライブズ 提携金融機関の団体信用生命保険会社

第一生命   ソニー銀行   オリックス銀行   ジブラルタ生命   明治安田生命
損保ジャパン   日本興亜ひまわり生命   楽天生命   クレディ・アグリコル生命   カーディフ生命

電話でのお問い合わせ

0120-997-390

9:30〜18:30(土・日・祝日 定休)

webでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

セミナー参加希望の方はこちら