最新情報

INFO最新情報

地震で建物が崩壊したら?

地震保険に加入された方は一定の範囲内の保険金が支払われます。

技術力は障害が多いほど進化するといわれます。地震大国の日本だからこそ耐震技術が発展しており、日本の耐震基準は世界一厳しいといわれています。
 1981年6月に施行された新耐震基準では震度7の地震であっても人命にかかわるような大きな被害が出ないことを定義にしてあります。つまり、震度7でも倒壊・崩壊しないことが建物をつくる基準になっているということです。
 ちなみに気象庁の震度階級は最大が震度7です。(震度8や9は存在しません)

電話でのお問い合わせ

0120-997-390

9:30〜18:30(土・日・祝日 定休)

webでのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

セミナー参加希望の方はこちら